« 前ページへ次ページへ »

あいてぃ各論

記事に絵文字を使いたい

絵文字を使うのはあまり好まなかったので、いままで関心がなかったのですが。あるサイトを制作するにあたって、絵文字が必要になりました。そこで、プラグインを調べたところ、「TypePad 絵文字 for TinyMCE」がありました!! 記事編集プラグインとして「TinyMCE」を実装していることが前提ですが、WPのダッシュボードからプラグイン検索「emoji」でダウンロードして、プラグイン起動。下記のように編集画面のメニューにあるボタンをクリックすると、右図のような絵文字の一覧がポップアップします。 
  【編集画面】

あいてぃ各論

iPadアプリの実験

iPadのアプリWordpressをインストールしました。実際に記事を記載してみます。いくつかの特徴は、

  • 編集の基本モードは、htmlのみ
  • 写真をiPadライブラリから選択できる
  • 読み込んだ記事情報は、ローカルに保存されて更新されず

このアプリでは、あくまでiPadライブラリの写真をアップするだけにして、編集は通常のWeb画面で行うのが良さそう。

20120207-121550.jpg

あいてぃ各論

サイト機能追加作業終了

昨年度、いるま子育て情報発信隊が立ち上げた「子育てわくわくマップ」の機能追加を行いました。新しいイベントをカレンダに掲載したいとの依頼です。ワードプレスのプラグイン「Event Calendar」をカスタマイズして、今日作業を終了しました。これで夏休み前に、皆さんに近場の楽しいイベントを紹介できますね。(やれやれ)

2011 年 3 月 2 日

iPadでメールを読みたい

iPadでメールを読むには、2つの方法があります。1)iPadの専用メーラーを使う方法、2)ブラウザSafariでプロバイダーのWebメールを使う方法、です。1)iPadの専用メーラーでは、メールサーバのpopやsmtpサーバを設定する必要があり、やや慣れていない方は敷居が高いです。一方、2)Webメールは、サーバ設定などは必要なく、メールアドレスとメールパスワード(プロバイダーから指定されているもの)を利用することで、もっと簡単に利用できます。

一例として、私の地元のプロバイダー(入間ケーブルTV)のWebメールを見てみましょう。このサイトのホームページ(http://www.ictv.ne.jp/)より、「インターネット」→「Webメール」を探します。右のような画面がWebメールへの入り口です。URLは、http://www.ictv.ne.jp/internet/net5.htmlです。Safariで開くと、残念ながらページが若干乱れますが、基本操作には問題ありません。メールの読み出しや新規メールの作成が簡単にできます。

PS:特に、借り物のiPadの場合は、1)は禁止的なので、2)になりますよ。

Filed under: iPad系,あいてぃライフ — wtnbnoy @ 6:39 PM

2011 年 2 月 21 日

iPadの導入時にクレジットカードを使いたくない

iPadを使えるようにするには、ちょっとした手順を踏まないといけません。それも、インターネット接続のPCが必要になります。基本的にiPadはスタンドアロンで使うのではなく、ネット環境のなかで使う設計になっています。
 システムやアプリを頻繁にダウンロードするヘビーユーザにとっては当たり前のことですが、一方、iPadをちょっと楽しんでみたいという皆さんには高~い敷居になってしまいます。

手順1:iTunesのインストール(PC側)
自PCにネットからiTunesをダウンロードして、インストールします。(「iTunes」で検索)

手順2:iTunesのサイト(図を参照)からiTunes Store用のアカウント登録(AppleID)
iPadにアプリやコンテンツをダウンロードするときに、このアカウント(AppleID)が必要になります。ここで、問題なのは通常の手順でいくと、このアカウント登録時にクレジットカードの登録が必要になります。単に、無料のアプリのみを使う場合には、これは過剰な情報提供になります。

そこで、このように無料のアプリだけを使う場合には、アカウント登録時にクレジットカードの登録を行わない裏技手順が用意されています。(詳しくは、こちらを参照のこと)

Filed under: iPad系,あいてぃライフ — wtnbnoy @ 2:10 PM

あいてぃ各論

ピンチアウト

最近iPadを活用していますが、新しい言葉がでてきています。「ピンチイン」「ピンチアウト」がその一つです。iPadの画面を広げたり、縮めたりする2本指での操作です。iPadで電子書籍を読んでいるときに、字が見辛ければ、2本の指で画面内で広げ、即ち「ピンチアウト」して、字を拡大すればよいのです。このような、タッチパネル上での指の操作を総称して「タッチアクション」と呼ぶそうです。非常に直観的で直接的ですので、高齢者にとって使いやすいインターフェースだと思います。その他、「タップ」「ドラッグ」「フリック」などがあります。ただ、これらの言葉は高齢者には優しくありませんね。

« 前ページへ次ページへ »

(C)2006-2015 テクノクッキー