Programming

pearのインストール

XAMPP1.7.4を試験環境のWindows7に載せました。その後、phpライブラリのPEARを起動して、試験プログラムを流してみると、エラーの連続! あれっ、PEARが認識されていないかな。詳しく見ると、厳密な定義に関するアラーム!?Strict Standards: Non-static method DB::connect() should not be called statically in C:\xampp\htdocs\blogmng1004\data\MYDB.php on line 13

DBのテーブル作成動作は、ちゃんと動いている。これまでのWindowsXP環境では、アラームがなかったのに? 待てよ、そういえばアラームの設定を何か触ったような記憶があるぞ。ということで、php.iniのエラー報告の部分を調べてみました。すると、error_reportingの設定がこれまでは「厳密な定義アラーム」無だったことが判明:

  • 今回の7の場合: error_reporting? =? E_ALL|E_STRICT
  • これまでの場合 : error_reporting? =? E_ALL & ~E_NOTICE

調べてみると、PHP5になってエラー報告のデフォルトが厳し目になっているとのこと。また、今回使ったPEAR::DB()は推奨ではなく、代わりにPEAR::MDB2()が推奨である、ということも判明。今後、注意が必要ですね。

参考:http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070827/280396/

Programming

フォントの設定法

CSSでフォントを設定するのは、font-family: Arial, serif; のような指定で行います。この設定は大きく2種類に分けられます:

1)ゴシック文字系列(飾りのない文字): sans-serif, Helvetica, Tahoma, “MS ゴシック”
2)明朝文字系列(飾りのある文字): serif, Arial, “Times New Roman”, “MS 明朝”

ちなみに、フランス語でserif 「飾り」、sans 「ない」という意味だそうです。

Programming

MySQLのメモ

OracleやMicrosoftなど様々な会社がデータベース管理システム(DBMS)を提供しています。その中で最も利用されているのが、表形式をベースとしたリレーショナルデータベース(RDB)です。
SQLは、リレーショナルデータベースの個々の仕様に依存しない階層化されたデータベース操作言語です。一つの2次元の表がテーブル、その列がフィールドで一連のデータを収容します。phpで良く使うMySQL文例をここにメモします。

(more…)

Programming

IE8での表示の乱れ

IE7で見た時は問題ないのに、IE8で表示画面が崩れることがあります。これはIE8がW3Cの標準準拠を行ったためです。IE7までマイクロソフトは一部独自の仕様を持っていたものが、今回のIE8で標準準拠となったためです。

IE8でページを見た時に、この表示崩れをおこさないようにする対処方法は、以下の3通り:

1)ユーザーが画面が乱れた時に「互換表示ボタン」をクリック
2)ページにメタタグを追加: <meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=EmulateIE7″ />
3)WebサーバでHTTPヘッダーを追加: X-UA-Compatible: IE=emulateIE7

  ##参考: アットマークIT

Programming

PDF→JPEG変換

ある用途でPDFファイルをJPEGに変換する処理が必要になりました。ネットで調べると「Ghostscript」なるツールがあることが分かり、C:\gs\gs8.54\bin\にインストール。これはWindowsのコマンドとして、gswin32c.exeで動作確認OK。

 ## 参考は、http://matome.info/pdf2jpg/

次に、phpでこれを処理する方法について、以下のようなsystem()コマンドの利用を確認:

<?php
?$src = ‘testA’; /*?変換元のpdf */
?$page = ‘1′; /* 変換対象ページ番号 */
?$gsexec = ‘C:\gs\gs8.54\bin\gswin32c.exe ‘; /*?コマンド本体 */
?$options = ‘-dSAFER -dBATCH -dNOPAUSE -sDEVICE=jpeg ‘;
?$options .= ‘-sOutputFile=’.$src.’.jpg ‘; /* 変換後のjpeg */
?$options .= ‘-q -r11 ‘; /* 経過メッセージ抑圧、分解度11(サイズが変更できる) */
?$options .= ‘-dFirstPage=’ . $page . ‘ -dLastPage=’ . $page . ‘ ‘;
?@system($gsexec . $options . $src . ‘.pdf’, $ret);
??>

## 参考は、http://moodle.org/mod/forum/discuss.php?d=101964

(C)2006-2015 テクノクッキー