解説:コンテンツ管理システム(CMS)

Webブラウザさえ使えば、どこからでもWebページが作成できるのがCMSの特徴です。従来はWebページを作成するには、HTMLタグやファイル/ディレクトリなどの技術知識とプログラム作成が必要でした。これに対してCMSでは、技術知識を多く持たなくともコンテンツさえ用意すればWebページを容易にWebブラウザで作成することができます。CMSでは多くのテンプレートが用意され、Web制作の簡略化が図れます。また、多くのプラグインを利用して機能を拡張することもできます。サイト内のナビゲーションやカテゴリー分けも容易であり、コンテンツのダイナミックな配置再構成も簡単です。更に、コンテンツの制作にあたっては、投稿者/編集者/管理者などのコンテンツ制作階層構造を与えて、複数利用者でコンテンツ拡充を容易にすることもできます。

コンテンツをMySQLやPostgreSQLなどのデータベース管理システムを利用することによって、柔軟性の高い管理システムが実現されています。私がこのサイトで使っているWordPressもブログ型のCMSに分類されます。

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

(C)2006-2015 テクノクッキー