IE8での表示の乱れ

IE7で見た時は問題ないのに、IE8で表示画面が崩れることがあります。これはIE8がW3Cの標準準拠を行ったためです。IE7までマイクロソフトは一部独自の仕様を持っていたものが、今回のIE8で標準準拠となったためです。

IE8でページを見た時に、この表示崩れをおこさないようにする対処方法は、以下の3通り:

1)ユーザーが画面が乱れた時に「互換表示ボタン」をクリック
2)ページにメタタグを追加: <meta http-equiv=”X-UA-Compatible” content=”IE=EmulateIE7″ />
3)WebサーバでHTTPヘッダーを追加: X-UA-Compatible: IE=emulateIE7

  ##参考: アットマークIT

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

(C)2006-2015 テクノクッキー