16年間もお世話になった光回線終端装置ONU

【DAY-1】先週末、朝早々にインターネットの具合が良くなくて、いつものようにルータ、アクセスポイントの電源リセットを行った。しかし、事態は好転しない。よく見ていくと、ルータではなく、それよりNW側の機器:光回線終端装置ONUの電源が落ちてる!いくらコンセントを挿抜してもだめだ。高速インターネットで16年間もお世話になった装置だ。よくここまで持ったものだ!<右写真、カバー外す>

これって、NTT東のリース品なはずだからNTT東のサイトから故障受付に連絡していて気が付いた、フレッツ光からドコモ光に契約変更したことを。ドコモ光のLINEによる受付を経由して、障害故障受付サイトからONUの故障申告を行った。その夜、宅配便で代替えのONUを配送したとの連絡。対応が早い!明日、DIY作業だ!

【DAY-2】午前中に、ブツ(新しいGE-PON装置と光コネクタ付き光ケーブル)が届く。午後、ONUの交換作業を行おうとして、ようやく大事なことに気が付く。家の光回線は光コネクタは使われておらず、代わりに戸外の引き込み線から、直接宅内にあるONUで直接光接続されていたのだ。光コネクタを設置する工事を障害故障受付サイトから申し込む。2日後に工事担当が向かうとのこと。またしても素早い!

【DAY-3】特になし。あるとすれば、ドコモ光が使えないのでその代替えに、ahamoがテザリングで大活躍した。

【DAY-4】障害発生から4日後、午後一番にNTT東の工事担当者が来訪、30分程度で光コネクタを壁面に設置して、宅配で送られてきた新規のONUを光ケーブルで接続し、無事工事完了!NTTのルータ装置、自前のWiFiアクセスポイント装置を接続して、インターネット接続および光電話接続の正常なことを確認した。復旧した!有難い。しかも、NW側の障害だったので利用者側の工事費の負担なしで、さらに有難い。<右写真:光コンセントと新ONU>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です