公的個人認証サービスの電子証明確認の依頼が来た

市役所から公的個人認証サービスの電子証明確認の依頼が来ました。戸籍事務電子化に伴うものだそうです。すでに確定申告の電子申告用にデスクトップPCには認証サービスクライアントを実装していましたが、ノートにもこの機会に実装してみて、それで電子認証を確認することにしました。インストールの対象は、ICカードリーダおよび公的個人認証サービス利用者クライアントソフトです。
いざ、始めたのですが・・・・・

JPKIsoft.gif数ヶ月前にやったようにノートPCにインストールしようとしました。ICカードリーダはハードドライバのみなので問題なく完了。ところが公的個人認証サービス利用者クライアントソフトについては、このソフトに関るインストール手順を丁寧に記載した書類がないのです。
これを乗り切ったのは、電子確定申告e-TAXの講習会でもらった操作マニュアルでした。ここにかろうじて公的個人認証サービス利用者クライアントソフトのインストール手順が図解されていました。
このマニュアルがたまたま手元にあったお陰で事なきを得ましたが、これがない場合には大きな手間がかかると予想されます。
電子政府、電子自治体と大きな掛け声は聞こえてきますが、利用者の立場でもっと考えてもらう必要がありますね。

“公的個人認証サービスの電子証明確認の依頼が来た” への2件の返信

  1. e-Taxのホームページに、「e-Tax導入マニュアル」がアップされていて、そこに、公的認証サービスのクライアントソフトなどのインストール方法が記載されていますね♪

  2. きくちさん、「e-Tax導入マニュアル」があったのですね。これは所沢税務署での講習会でもらったマニュアルよりも情報が多いです。情報ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です