渋沢栄一の生誕地血洗島を訪ねる

近代日本経済の父と呼ばれる渋沢栄一の生涯を描く、NHK大河ドラマ「青天を衝け」が現在放映されている。渋沢栄一は現在の埼玉県深谷市で蚕や藍玉づくり生業とする農家に生まれた。渋沢栄一で思い浮かぶのは幼少のころから論語に親しんだこと、数々の事業を立ち上げた実業家ということ。数年後に発行される一万円札の肖像に使われると話題となった。正直この程度が私の認識だった。

寄居方面に出掛けたついでに、深谷市の渋沢栄一記念館に立ち寄った。記念館は深谷市の施設で公民館と併設されれている。目の前の大きな駐車場は、大河ドラマの影響で増加する参観者対策であろう。展示室には栄一の略歴に沿って、様々な資料や写真が展示されている。先週見たばかりの大河ドラマの登場人物を思い浮かべながら興味深く説明を読んだ。

講義室では、渋沢栄一のアンドロイドが動いていたが、残念ながら参観は予約者のみで遠目から眺めるだけだった。体育館も兼ねた多目的室では、栄一の関連映像が流されていて簡潔にまとめられていた。キーワード:幕藩体制への反発、尊王攘夷運動、そして一転して幕臣(一橋家に仕官)、パリ万博に随行し欧州文明/人間平等に感銘、大蔵省から実業界へ、企業創設・育成(富岡製糸場、日本煉瓦製造など500余り)、信念「道徳経済合一説」、社会福祉/国際交流にも尽力、、など。<論語の里マップ>

案内図を見ると記念館の近くに栄一の生家がある。記念館のスタッフさんに聞けば、歩いて10分、車で2分ほど(駐車場完備)だそうだ。早速、中の家(なかんち)と呼ばれる旧渋沢邸を訪ねた。苗字帯刀を許された豪農の立派な門構えの屋敷だ。住所には深谷市血洗島と書かれている。血洗島という独特な地名がそのまま引き継がれているのも偉人を輩出したこの地なりの誇りなのであろう。<屋敷の主屋>

大きな屋敷には、主屋や複数の土蔵などが整然と並び藍玉づくりの頃の作業の面影が残されていた。全体が質素で落ち着いた雰囲気だ。大河ドラマの映像が浮かんでくる。このような環境で栄一【吉沢亮】が父市郎右衛門【小林薫】から論語を、母えい【和久井映見】からは慈悲の心を学んでいたのだ。栄一はここに24歳まで住み、従弟の渋沢喜作【高良健吾】とともに京都へ上る。そこで平岡円史郎【堤真一】の計らいで一橋慶喜【草彅剛】に仕官することになる。今後のドラマの展開が楽しみだ。<屋敷の土蔵>

謹賀新年:ハイブリッド年賀状へ

この年賀状作成の時期になると、ディジタル化の欲求が沸々と湧いてくる。年賀はがきという典型的なアナログ情報/通信メディアをそろそろ卒業と意気込むが、そう簡単にはできないなと自問自答が続くのだ。

それでも1年前の年賀状には思い切って「毎年12月になると、もう葉書レベルの年賀状は止めようと思うのですが。例えば、ネットで頻繁に情報をアップしている方には、もう止める。メールアドレスが分ればメールに切替える。それでも先方様からは葉書のままでは、、、」と悩みを綴った。そして、やはり無難に年賀状を出した。

しかし、今年2020年はコロナ禍が続く新常態下、いまがチャンスだ。これまでの定常状態を振り切るのは今しかない!そうだ、2021年元旦の年賀状は、アナログ/デジタルのハイブリッドだ。デジタル部分は、メール配信(アドレスが分かっている方)と<@テクノクッキー>サイトへの誘導(QRコード付加)。

でも、当方の都合ばかりでは皆様に申し訳ないので「皆様からの年賀状は引き続き拝受させていただきます。なお、アドレスをお知らせいただければ、今後はメールでご挨拶させていただきます」と、年賀状を使われる方に心配ご無用を伝え、併せてメールの可能性も打診するアナログ年賀状を作成した。時効の挨拶の後に「これまで60年間年賀状文化を継承。今後は私流ディジタルトランスフォーメーション(DX)へ」のキャッチを加えて。

最近5年間のデジタル化推移状況(送信分)のまとめ:

【お願い】私からの2021年賀はがきを受け取られた方でメールアドレスをお持ちの方は、そのアドレスを以下まで連絡していただければ幸いです。

## wtnbnoy@palette.plala.or.jp

本サイトを更新

※ 2008年~2020年5月、旧サイトのヘッダー(プラハのドナウ川)

個人の情報発信としてブログが急速に普及し始めていた2008年頃、本サイトはスタートしました。ICT技術関連の情報発信としてこれまで記事をアップしてきました。総数467件。しかし、私の情報発信は減少すると共に近年のSNS普及に伴い、FBにアップするようになりました。その間このサイトはしばらく休止していました。

その間、WPのみならずphpやMySQLなどのシステムのバージョンアップが続き、2018年には記事タイトルのみしか表示されない不具合が発生しました。

今回、ワードプレスの最新バージョン5.4の動作条件としてサーバのデータベース(MySQL)を5.1から5.6に更新する必要が生じました。これに併せてもう一度、新しい日常の情報発信の場および活動アーカイブのベースとして本サイトを再構築することとしました。

特別定額給付金の申請

今回の新型コロナウイルス感染拡大で俯くことが多いのですが、この特別定額給付金(10万円/人)の活用で少しでも世の中が元気な方向に向かえればと思います。本日、マイナポータルに利用者登録して、この写真の「ぴったりサービス」ページより、給付の申請を完了しました。これまで、2月の確定申告の時だけ使っていたマイナンバーカード(電子証明書付き)が、このような緊急事態での手続きに、これほど便利で簡単だということを知りませんでした。これまで10年分のマイナスが一気にプラスに化けた瞬間でした。そうそう、折角この時期にいただいたお金ですから、世の中に循環していきましょう。

オンライン飲み会

昔の研究所仲間(しかも当時の若手)が集まる定例の飲み会。このご時世、自粛の煽りを受け、初のオンライン飲み会となった。皆技術者なので、今回使ったZoomの実験を兼ねていろいろいじってみた。一斉にしゃべり始めたら、何となく皆がしゃべっているのは聞こえるが、とぎれとぎれになっていて意味が分からない。音量の大きな人を優先する音声スイッチが入るためらしい。ただ、昔の技術ではブチブチ切れていたのが、Zoomではそこそこ聞こえている。多分、単純な0/1スイッチではないのだ。背景画像も、試してみたが、必ずしもうまくいかないところもあった。PCの処理能力が足りない模様だ。自宅なので、18:30からの飲み会は、それぞれの家族がデリバリー担当の模様だ。途中で何か運ばれてきた様子が見て取れる。全体評価だが、費用面(+):飲み代/交通費はゼロ、リアリティ面(+):オフ会に近い、地域貢献(-):お店に落とせず。対策案:次回のオンライン飲み会には、地域のお店からテイクアウトを持ってきてオンラインする、とか。

入間市サイトに掲載:プログラミング講座の様子

チームあいてぃ、で実施した「親子で楽しくプログラミング」講座の模様です。以下、引用:

==

【楽しもう!プログラミング!】
〈取材:市民カメラマン 島田耕作さん〉
7月24日、藤沢公民館で「楽しもう!“子どもと親でプログラミング!”」が行われ、10組の親子が参加しました。
小学校では2020年度からプログラミング教育が導入されます。それに先駆けて、情報技術を得意とするサークル「チームあいてぃ夢広場」が実習の講師をつとめました。
参加者は3時間の中で、スクラッチというプログラミングの説明をうけ、ロボットの組み立て・プログラミングを行いました完。成後のテスト走行では、暴走や衝突もなく完成し、子ども達の有意義な思い出に残る夏休みになりました。
——————
問い合わせ
社会教育課
TEL:04-2964-1111

キャラの濃ゆーい、ニャンを撮った

岩合さんのNHK「世界猫歩き」をいつも楽しみに見ています。それに倣って私も犬の散歩で出掛ける時には、スマホを片手にかわゆいニャンのシャッターチャンスを狙っています。

でも、散歩中、99.9%はチャンスがありません。しかも、残り0.1%のチャンスですら、スマホのカメラモードをセットしている間に、敵は悠々と姿をくらまします。

今回、奇跡的にその姿を捉えることができました。とてもキャラの濃ゆーいニャンです。数か月前に近所で見かけたニャンですが、いつかその雄姿を捉えようと思っていました。昔で言うと、南伸介のような型です。性別は分からないのですが、きっとオスだと願っています。

間違え発見

最近、駅近くのパーキングがオープン。囲いも料金徴収ゲートもなくシンプルな駐車場だ。でも、そんなんで管理できるのかなと、気になって注意書きの看板を見ていたら、重大な誤植あり!「Park」ではなく「Pork」!こんな初歩的なミスを犯すなんて!!・・・さらに上の看板に目を移すと、それもアウトだ!!

・・・が、あれっ・・・そこに見えて来たイラストは・・・