改めてビーチボーイズ

たまたまBS-hiでビーチボーイズのブライアン・ウィルスンを囲む大コンサートがあることを知った。他にいい番組がなかったので初めだけでも見てみようかと思ったのでしたが。アメリカの著名なミュージシャンが次々でてきてカバー曲を歌うのに連られて私もすっかり気分は60年代。とても面白かった。
かつて10代中頃、ビートルズやローリングストーンズなどの英国ロックの勢いにビーチボーイズは影が薄いと信じていました。そうそう思い出した、中学の同級生だった佐藤君が熱狂的なビーチボーイズのファンでした。その頃の私には全く分からなかったのです。それは私の未熟さだったのでしょうね。
なんと素晴らしい曲でしょうか、ブライアン・ウィルスンの曲は。この年になって改めてビーチボーイズの高いレベルと彼の卓越した才能を初めて知ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です