中山節夫監督の「新・あつい壁」を観た

入間団塊元気サイトにお知らせがあったので、気にしていました。今日時間があったので、入間市のユナイテッドシネマで、らい病への差別・偏見を正面から捉えた映画「新・あつい壁」を観てきました。監督は入間市在住41年の中山節夫さんです。一人一人の心の奥底にある差別・偏見が積み重なって悲劇が生まれてしまうという重いテーマでした。
最後に中山節夫監督の挨拶がありました。入間での映画館上映は本日で終わりですが、今後は入間市の学校で上映し、子供たちに何か大切なことを感じてもらいたい、とのことでした。
入間団塊元気サイト:中山節夫監督インタビュー
ハンセン病のリンク集:藤本事件リンク
熊本日日新聞:インタビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です