ねぶた祭りを楽しむ

090804Nebutaこれまで中々行けなかった東北の夏祭りを、今年は堪能しました。写真は、「ねぶた大賞」を受賞した日立連合のねぶた。テーマは「水滸伝 樊瑞、公孫勝に挑む」です。一台のねぶたを創り上げて練り歩くのには、1~2千万円もかかるらしいです。だからこの迫力なのでしょうね。

“ねぶた祭りを楽しむ” への2件の返信

  1. 大変ご無沙汰しておりますが、入間市でのご活躍ますあます盛んで素晴らしいなあとブログを読ませていただくたびに感銘しています。
    私も数年まえ、友人と朝日新聞の旅行企画に乗っかって、東北四大祭りを見にいったことがあります。 おっしゃるとおりどのお祭りも大変迫力がありました。 お写真を拝見してあのときの感動が蘇ってきました。思い切って行ってよかったです。
    有難うございました。 なかなかおめもじできる機会に恵まれませんが、身体に気をつけて、前進をつづけましょう。

  2. ご無沙汰しています。
    数年前に出掛けられたのですね。新聞やTVで見るのとは迫力が全く違いました。その昔、私の友人が青森市に転勤になり、準備が大変だと聞いていましたが理由がよく分かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です