川越新河岸川の豪商

サイクリングで荒川から入間川に戻り、途中川越をショートカットしていたところ、新河岸川の橋過ぎに立派な建物を見つけました。江戸時代の河川交易の拠点が新河岸川船着き場です。その荷役を仕切って、江戸からの品々や川越からの農産物を集積して、この辺りはさぞかし賑わっていたことでしょう。それを垣間見る建物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です