巾着田の曼珠沙華

今年も比較的地元の日高の巾着田に出掛けました。台風の影響で大きな木が倒れていましたが、花は丁度見頃で多くの観光客で賑わっていました。曼珠沙華は、赤い花とか天上の花、などの意味を持つ梵語です。よく見ると細く赤い花弁が瑞々しく曲線を描いています。花を集合として眺めるのも、このように一つの花として眺めるのもそれぞれ趣がありますね。

会場では日高の郷土物産を販売するバザールが開かれており、花見の途中の観光客が詰めかけていました。その一人として自動車ドライバーではない私は、地酒の店で純米酒を試飲、そして馴染みの「高麗王」を購入。遠目見える赤い絨毯をつまみに美味しくそれを頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です