散歩中に武甲山を見つけた

今日も朝から寒い。いつものように武蔵(通称ムータン)の散歩に出かけた。茶畑にでて遥か西方向を眺めていたら、特徴ある山が見つかった。その右斜面が切り立っていていかにも不自然な形状だ。石灰岩を掘り進んで山の形が変わってしまったのだと思う。秩父から武甲山北斜面を眺めるとそこには段々畑のように石灰岩を採掘したあとが畝のように広がっている。多分この部分がここ入間の茶畑から切り立った斜面に見えるのだろう。(写真中央が武甲山、入間基地からジェット機が飛び立つところ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です