謹賀新年:ハイブリッド年賀状へ

この年賀状作成の時期になると、ディジタル化の欲求が沸々と湧いてくる。年賀はがきという典型的なアナログ情報/通信メディアをそろそろ卒業と意気込むが、そう簡単にはできないなと自問自答が続くのだ。

それでも1年前の年賀状には思い切って「毎年12月になると、もう葉書レベルの年賀状は止めようと思うのですが。例えば、ネットで頻繁に情報をアップしている方には、もう止める。メールアドレスが分ればメールに切替える。それでも先方様からは葉書のままでは、、、」と悩みを綴った。そして、やはり無難に年賀状を出した。

しかし、今年2020年はコロナ禍が続く新常態下、いまがチャンスだ。これまでの定常状態を振り切るのは今しかない!そうだ、2021年元旦の年賀状は、アナログ/デジタルのハイブリッドだ。デジタル部分は、メール配信(アドレスが分かっている方)と<@テクノクッキー>サイトへの誘導(QRコード付加)。

でも、当方の都合ばかりでは皆様に申し訳ないので「皆様からの年賀状は引き続き拝受させていただきます。なお、アドレスをお知らせいただければ、今後はメールでご挨拶させていただきます」と、年賀状を使われる方に心配ご無用を伝え、併せてメールの可能性も打診するアナログ年賀状を作成した。時効の挨拶の後に「これまで60年間年賀状文化を継承。今後は私流ディジタルトランスフォーメーション(DX)へ」のキャッチを加えて。

最近5年間のデジタル化推移状況(送信分)のまとめ:

【お願い】私からの2021年賀はがきを受け取られた方でメールアドレスをお持ちの方は、そのアドレスを以下まで連絡していただければ幸いです。

## wtnbnoy@palette.plala.or.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です