オンラインフェスティバルがお開き!

年末の最大イベントは、先にも記事をアップした「第26回(2021)いるま生涯学習フェスティバル ーオンライン de いるまなびとー」のオンライン企画・運営でした。

*第26回(2021)いるま生涯学習フェスティバル ーオンライン de いるまなびとー

2021いるま生涯学習フェスティバル【終了しました】


*Web配信期間:2021年12月12日(日)~25日(土)
*主催:いるま生涯学習フェスティバル実行委員会、入間市、入間市教育委員会
*参加:37団体など
*区分:挨拶<1>、展覧会<4>、音楽会<9>、研究発表会<3>、団体活動紹介<22>

12/12(日)朝8時までに展示コンテンツ40のYouTube設定をそれまでの「限定公開」から「公開」モードに変更しました。併せて、閲覧回数カウンターの初期値をExcel表に記載して、その後の閲覧回数を日毎に数えていくための準備を完了。

イベント開始に先立って、フェスティバル実行委員会では、ちらしを公共施設に配布して開催を告知してきましたが、従来の現場開催とは異なってオンライン開催をどうアピールするか大きな課題となりました。その一つの方策がSNS活用です。FB(フェースブック)に入間地域の市民グループが2つあるので、そこに開催の告知を行いました。その際、映画のプロモーションで必ず使われるPV(プロモーションビデオ)を制作して告知内にリンクを張ったりして。

以降25日のフェス閉幕まで、閲覧数が逓減傾向になったときには、再度FBでアピール。今度は日頃スマホを使っている当人ではなく、その周辺にいらっしゃるシニア層に声掛けしていただく文面に変更したり、シニア層が興味を持ちそうな展示発表があることを具体的に示したり、作戦を変更しながら告知を続けました。

他の実行委員も様々なルートで告知したお陰で、我々が期待した以上に多くの方々にフェスを見ていただくことができたと思います。実行委員として企画・運営に携わった私が胸を撫で下ろしたのは言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。